English

製品紹介

在来進化論 APS工法

APS工法はアップルピンを使い、「在来軸組工法」に美しさと強さを引き出した究極の軸組工法です。
地震大国日本の住宅に安全で高品質な木造住宅を提供します。
さらに、世界最大規模の木造体育館「所沢体育館」の経験でのノウハウを活かしています。

「APS工法のプラスアルファ機能」

住宅品質が大幅に向上
金物が見えないので美しい仕上がりになります。
APS工法は金物工法に比べ防火、気密性にすぐれ、基本構造でボルト、ナットを使用しないので
ガタが出にくく引き寄せも締付トルク管理も簡単です。
従来の在来工法に比べ断面欠損が少ないため、木材の強度の接合部が向上し、十分な耐力が得られます。
従来の施工技術やプレスカット工場の設備を活用
在来工法ラインを生かし木材のカスタマイズ加工が出来ます。
従来のアリ加工をベースにし形状も似ているため、職人さんの違和感が少なく施工性が向上します。
トータルコストの削減
APS 工法は従来のプレカット工場のラインで導入できます。
さらに金物等の突起物がまったくないので荷がかさばらず、 従来工法と同等の輸送コストで済みます。
APS工法は部品点数が少ないので現場管理も安心です。
APS 工法は(株)アップルピンシステムズで生産販売しています。

製品一覧へ

製品一覧へ